ネットショップを構築する時に重要なのはショッピングカート!買取式の高機能なCGIがお勧めです。
LOGO
TOP ChamaNet XUP ショッピングカートCGI SEO レンタルサーバー 製品一覧 アクセス
ショッピングカートのCGIやPHP、レンタルなどを比較、お勧め。
ショッピングカートの種類
listmark種類の比較
 ショッピングサイトに最も重要なのとしてショッピングカートをどうするかという問題があります。
ショッピングカートにはCGIやPHPなどのソフトウェアを買い取る方法、モールに出展してショッピングカートを利用する方法、ショッピングカートをレンタルする方法があります。いずれも一長一短があり、店舗の運営に合ったシステムを導入することをお勧めするため、比較してみました。
項目 フリーCGI 高機能CGI レンタルカート モールの出店 解説
機能性
○ × × × ×
○ ○ ○ ○ ○
○ ○ ○ ○ ○
○ ○ ○ ○ ○
フリーソフトはショッピングが出来るというだけのものが大半です。会員機能やポイント機能、割引機能などは既に常識。シェアウェアやレンタル、モールなどの多くはこのような機能に対応しており、設定も簡単。フリーのCGIでは対応出来ていません。
カスタム
○ ○ × × ×
○ ○ ○ ○ ○
○ ○ × × ×
○ ○ × × ×
CGIはスクリプト言語のものが大半なので、自由にカスタマイズして使用する事が出来ます。レンタルやモールは既存のシステムを多くの店舗で使用するので、カスタマイズは難しいです。フリーのCGIはカスタマイズは可能ですが、元々機能が少ないので、開発規模が大きくなります。
デザイン
○ ○ × × ×
○ ○ ○ ○ ×
○ × × × ×
○ × × × ×
レンタルやモールは既存のデザインを使用しますので自由度は低いです。フリーCGIはほぼ固定されていますがカスタマイズ出来ます。高機能CGIはテンプレート形式など、デザインの変更も可能。ただし、いずれもカゴの中はシステムが出す画面なので完全に自由というわけにはいきません。
導入価格
○ ○ ○ ○ ○
○ ○ ○ ○ ×
○ ○ × × ×
○ × × × ×
フリーのCGIは無料。シェアウェアも買取式のうえ低価格。レンタルは低価格のものもありますが、モールのように毎月数万円もかかる場合があります。
また、会員情報や注文情報をダウンロードしたり、メルマガなどの機能を使用するたびに費用が必要になるモールも。
集客力
○ × × × ×
○ × × × ×
○ ○ × × ×
○ ○ ○ × ×
いずれも、集客は商品の中身と店舗の努力。ただし、有名モールはモールのページからお客様が入ってくることもあります。
他社との競合
○ ○ ○ ○ ○
○ ○ ○ ○ ○
○ ○ ○ × ×
○ × × × ×
モールでは同じ商品を販売しているサイトが複数表示されるなど、同じモール内での価格競争があります。レンタルでは競合しないレンタルもありますが、CGIは独自の運営なので競合することはありません。
SEO
○ × × × ×
○ ○ ○ ○ ×
○ ○ × × ×
○ ○ × × ×
商品別のHTMLページが検索エンジンに表示されるなど、高機能なシェアウェアはSEO対策も可能です。
信用度
○ × × × ×
○ × × × ×
○ × × × ×
○ ○ ○ ○ ○
有名モールに出店しているだけでお客様の信用を得る事が出来ます。ただし、信用度は初回の買い物の時だけ。一度ご購入頂いたお客様は実績を重視される方が多いです。
メルマガなどの連動性
○ × × × ×
○ ○ ○ ○ ×
○ ○ × × ×
○ ○ ○ ○ ×
高機能なシェアウェアやモールではメルマガやアクセス解析など様々なシステムに対応しています。フリーのCGIではご自身でカスタマイズしなければ対応が難しいです。

listmark種類の解説
・フリーCGI
 ショッピングカートCGIのフリーソフト版。無料ソフトなので初期費用は必要ないものの機能不足。会員機能やポイント機能、クレジット決済などの対応、割引、SEO対策などの機能が不足。買い物さえ出来ればいいというサイトにはお勧め。
 ショッピングカートCGIの検索はこちら→CGI-ZOO ScriptEye 夢幻 フリーカート

・高機能ショッピングカートCGIお勧め
 ショッピングカートCGIのシェアウェア版。会員などの機能も豊富でカスタマイズも可能。初期費用はかかるものの運営費がかからないので結果的に安く導入出来ます。店舗のサーバーに設置出来るので店舗のドメインとカートのドメインが変わらない点や同じドメインなのでSEO対策が出来る事などからお勧め。
 高機能ショッピングカートCGI「ChamaCargo」

・レンタルカート
 既存のシステムのレンタルなので導入が簡単。機能面もある程度充実。ただし、店舗ドメインとカートのドメインが異なるのでSEO対策には向きません。店舗に入った後、ショッピングに入るとURLが異なりますので個人情報の問題も発生しますし、「店舗はただの広告?」「お店はどこ?」とお客様に思われてしまうという問題もあります。毎月の費用は必要ですが、割安なところもありますが、あまりお勧めは出来ません。。

・有名モールお勧め
 導入が簡単でサポートも充実。機能面も満足出来るもの。お客様からの信用も厚く、モールからお客様も入って来るので集客効果も。ただし、出店費用が高額で、データのダウンロードやメルマガの配信など、何かをすると費用が必要になるモールも。
  楽天市場 Yahooショッピング ビッダーズ Amazon

ショッピングカートのまとめ
 Yahooショッピング、楽天市場、ビッダーズ、アマゾンなどのモールへの出店と同時に高機能なCGIを本店用に導入するのが良いようです。モールの費用が重くなってきたら高機能なCGIで運営費を抑える事もお勧めです。
本店から構築するか、モールから始めるか。どれだけ店舗を増やすか、商品の内容や売上げに応じて検討して頂ければ幸いです。
 いずれにしても、ネットショップを運営するという目的を忘れてはいけません。店舗の構築を楽しむあまり、店舗を作る事に集中してしまい、商品管理や集客などの店舗運営が疎かになる事は避けましょう。高機能なCGIやモールでは、管理画面からボタンひとつで設定出来るもの機能が多いので、このような機能を使用すると良いです。

ショッピングカートへの集客
 新規のお客様を集客する方法にどのようなものがあるか掲載してみました。
listmarkSEO対策等
 ホームページの評価を上げ、GoogleやBingに上位に掲載されるようにします。
SEO対策はこちら
SEO対策一覧 各社から様々なSEO対策のサービスが行なわれています。
被リンクサービス ホームページの被リンクを増やす事でサイトの評価を上げます。

listmark広告
GoogleAdWords広告 Googleの検索結果の画面に広告を掲載出来ます。
Yahooリスティング広告 Yahooの検索結果の画面に広告を掲載出来ます。

listmarkアフィリエイト広告


listmarkBlog、Twitter
・店長のブログやTeitterなどを公開します。ブログなどに人気が出れば集客数も大幅に増える事も。

listmarkアクセス解析
・アクセス解析 ホームページのアクセスを分析します。
 レンタルサーバーに付いていたり、Googleなどで無料のアクセス解析サービスがあります。
 また、高度な解析を行なうアクセス解析CGIもあります。
検索エンジン表示順位
 Google、Yahoo、Bingの検索結果の表示順位を把握し、自社サイトや商品ページの表示順位を改善します。

リピーターの増やし方
 新規のお客様が、繰り返しご注文頂けるお客様になって頂けるようなサイト構成が重要です。
listmark商品や店舗の運営
 最も重要なのは商品です。良い商品は多くのお客様に喜ばれますし、繰り返しご注文頂けるかどうかも商品によります。次に重要なのが、商品の取り扱い、発送方法や決済方法、接客方法など店舗の運営になります。

listmarkショッピングカートの会員機能、ポイント機能
 ショッピングカートに付いている会員機能やポイント機能を使用するとリピーターを増やす事が出来ます。
 (会員機能、ポイント機能などが付いた高度なショッピングカートCGIはこちら)

listmarkメールマガジンなど
・メールマガジン
 商品情報や店舗情報などをメールマガジンでお知らせします。購読者数が増えると売上げにも反映出来るようになります。
 モールやショッピングカートのCGIではメルマガに連動しているものが多く、会員登録や注文と同時にメルマガ購読者に登録させる事が出来ます。(メルマガCGIはこちら)

・ステップメール
 ご注文頂いた日から7日経過すると、「1週間になりますが、如何でしょうか」というメールを送信したり、○ヶ月後に「そろそろ交換の時期になりました」といったメールをお送りする事で、繰り返しご注文頂ける機会が増えます。
ステップメールはお客様毎に設定した間隔でメールを送信するシステムです。(ステップメールCGIはこちら)

決済方法
 銀行振込や代引きだけでなく、クレジット決済やコンビニ決済も便利。
決済方法の比較、一覧はこちら

ショッピングカートCGI

line
©CopyRight Aity.jp