フリーソフトからシェアウェアまで、CGIのダウンロード、設定設置方法、解説など
LOGO
TOP ChamaNet XUP ショッピングカートCGI SEO レンタルサーバー 製品一覧 アクセス
初めてのメルマガ、運営方法、CGIやレンタルの比較、特定電子メール法、迷惑メール、携帯用メールの注意点など
CGIの概要
listmarkCGIとは(Wikipedia)
 CGIはWEBサーバーで動作するプログラムです。
WEBではホームページを閲覧することが多いですが、ホームページは予め作成された画像やテキストを閲覧するだけですので、掲示板や入力フォームのようにWEB上から書き込みを行ったり、サーバー上でメール送信などの処理が出来ません。
このようなWEBサーバー上の処理を行うため、JavaやC、PHP、Perlなどで開発したソフトウェアを使用しますが、WEB上で多く使用されている最もポピュラーなプログラムがCGIになります。

C言語で開発されたものもありますが、多くはPerlで作成されたスクリプトのプログラムです。
このサイトでは、Perlによって開発されたフリーソフトやシェアウェアのCGIについて、掲載します。

listmarkCGIの利点
 スクリプトで開発していますので、PCのメモ帳などでプログラムを改変することが出来ます。
プログラムは運営してみると、バグが見つかったり、改善点やカスタマイズが必要な部分が出てくるなど、プログラムを修正しなければならない場面に出くわします。
CGIはメモ帳だけで修正出来ますので、簡単にプログラムを修正して運用することが出来ます。

listmarkCGIを設置出来るサーバー
 CGIを動作させるためには、サーバーにPerlがインストールされていなければなりません。
また、サーバーからメールを送信したい時にはシェルのsendmailが必要であったり、SQLやSocket、ImageMagicなどをCGIと合わせて使用する場合があります。 →CGIの動作確認が出来ているレンタルサーバーはこちら

CGIの検索とダウンロード
listmark検索エンジン
 Google、Yahoo、Bingなどの検索エンジンで、「CGI」と「掲示板」のようなキーワードで検索すると多数のフリーソフトやシェアウェアが出てきます。
 ただし、解説サイトや運用サイトも一緒に出てきますので、CGIをダウンロードしたい時は、下記のCGI検索サイトで探した方が良いかもしれません。

listmarkCGI検索サイト
 CGI専用の検索エンジンです。フリーソフト、シェアウェアなどダウンロード出来るCGIを検索出来ます。
  scriptEYE 夢幻 CGI検索ナビ CGI-Search ECライブラリ CGI-SEARCH

listmarkCGI配布サイト
  CGIのダウンロードはChamaNet 多くのフリーソフト、シェアウェアをダウンロード出来ます。
カスタマイズも可能。CGIの設置や動作のサポートも。

CGIの設定設置方法
listmark簡単な流れ
一般的には、下記のような手順になります。
CGIファイルをダウンロード・解凍し、FTPソフトでサーバーに転送、FTPソフトでアクセス権を設定すると設置完了です。

慣れれば簡単ですが、最初は戸惑うかもしれません。
不明な場合は、下記の手順でダウンロードから動作確認までの詳細をご確認願います。

listmarkダウンロード・解凍
 CGI配布サイトからダウンロードします。
多くは圧縮ファイルになっていますので、+Lhacaなどの解凍ソフトで解凍して下さい。

listmarkCGIファイルの設定
・Perlのパス
 サーバーによってPerlのパスが異なりますので、設置するサーバーのPerlのパスを確認して下さい。
CGIファイルをメモ帳やWordPadなどで開くと、1行目に「#!/usr/bin/perl」や「#!/usr/local/bin/perl」のように記述されています。
サーバーのPerlのパスと異なる場合は、修正して上書きします。
※半角英字で正しく記述して下さい。不要なスペースなどが混入しただけでCGIは動作しなくなりますのでご注意願います。

・その他の設定
 CGIによっては、CGI内にパスワードや画像、データファイルなどのパスを記述したり、動作を制御する設定欄が記述されている場合があります。
 例)
 #パスワードの設定
 $pass = '12345';  ←''の間の「12345」が設定欄になります。

listmarkサーバーに転送
・転送ソフト
 FTPソフトでサーバーに転送します。FTPソフトはフリーのFFFTPがお勧めです。

・転送場所
 サーバーによって指定されています。ホームページなどの設置場所と区別なく、どこでも良いサーバーと、「CGIファイルはcgi-binに設置」というように指定されている場合があります。
 CGIを転送する際は、どこのエリアに転送してよいかサーバーを確認して下さい。
 また、複数のCGIの運営を予定されている方も多いと思いますので、転送前に当該CGI用のフォルダを作成して転送すると良いです。

listmarkアクセス権
 CGIファイルはサーバーに転送しただけでは動作しません。
UNIXサーバーではアクセス権、Windowsサーバーでは実行許可によってCGIを動作させることが出来るようになります。

FFFTPでアクセス権を設定する場合は下記のように行います。

(FFFTPの画面)
画面の右側がサーバー内のディレクトリ構造になります。
CGIファイルをクリックして選択 → 右クリック → メニューの「属性変更」をクリック で下記の画面が出てきます。
複数のファイルを同時に設定したい場合、「Ctrl」キーや「Shift」キーを押しながらクリックすると良いです。
画面のオーナー、グループ、その他が、所有者別のアクセス権になり、呼出、書込、実行のチェックでアクセス権を設定します。
CGIファイル、モジュール、ライブラリ、データファイル、フォルダのアクセス権を設定しCGIを稼働させます。
チェックによって「現在の属性」に644や755、700のような数値が表示されます。

CGIファイル(*.cgi)やフォルダ、データファイルのアクセス権をどのように設定すればCGIが動作するのかはサーバー環境によって異なります。CGIの開発側では分かりませんので、アクセス権はサーバー管理者の方にご質問頂ければ幸いです。

なお、よくあるパターンは下記のようになります。
Kagoyaネット様、Wadax様、さくらインターネット様、ロリポップ様の場合、CGIファイル(*.cgi)のみ700に設定すると良いです。
データファイルやフォルダなどのアクセス権を設定する必要はありません。

そのほかのサーバーの場合、サーバーによって異なりますが、下記のようなパターンが多いです。
よくあるパターン 拡張子 パターン1 パターン2 パターン3 パターン4 
CGIファイル *.cgi 700 700 755 755
モジュールなど *.pm *.pl - - - -
データファイル *.dat *.csv *.txt - 644 646 666
フォルダ - 755 757 777
※「-」は設定不要
 一見すると、全て「777」に設定すると動作するように思われるかもしれませんが、「777」は危険と判断され、CGIが実行出来なくなるサーバーも多いです。パターン1でダメならパターン2で、それでもダメならパターン3でお試し頂ければ幸いです。

listmark動作確認
・ブラウザでCGIにアクセスします。
ブラウザのURL欄に設置したサーバーのドメイン、設置したフォルダ、CGIファイル名を記述し、「Enter」キー押すとアクセス出来ます。

例) aaa.comサーバーに「aiueo」フォルダを作成し、「abc.cgi」を設置した場合、
 http://www.aaa.com/aiueo/abc.cgi のURLでアクセスすると良いです。

・ブラウザにCGIの画面が表示されればCGIは動作しています。
 データの保存やメール送信など、CGIの稼働を確認し、必要に応じてデータファイルのアクセス権やsendmailのパスなどを修正します。

listmarkエラーが出る場合
 CGI設置し、ブラウザでアクセスしてもエラーが出る場合、設定設置に失敗しています。
「File Not Found」や「ファイルが見つかりません」というエラーの場合、アクセスしたURLに誤りがあります。
「Internal Server Err」のようなエラーはCGIが動作していません。

エラーの原因は多岐に渡り、様々な原因が考えられますが、多くはアクセス権の誤りです。
まずは、アクセス権を変更し、動作を確認すると良いです。
 →CGIが動作しない時の例と対応方法はこちら

CGI開発関連
listmarkCGI開発関連サイト
 CGIの技術的な解説や配布など
  tohoho kent-web BeginnersCGI CGIメーリングリスト futomis CGI Cafe Perlメモ CPAN
CGIのダウンロードはChamaNet CGIの簡単なカスタマイス方法などはこちら

line
©CopyRight Aity.jp